夜になるとその様相は一変します。

パリ北部のデリヘル事情について
世界で最も歴史の古い、女性の職業といえば、娼婦です。娼婦とはじめとしたデリヘル業は、この世の中に男性と女性がいる限り、必ずといっていいほど存在しています。花の都、愛の都とも呼ばれるパリでさえ、娼婦はおります。さすが愛の都というべきなのか、フランスでは売春そのものは、法律で禁止されておりません。ただし、性的なサービスを提供する店舗を構えることは、法律によって禁止されています。パリ北部は、そんな中でも、パリの娼婦が最も多く集まる場所です。昼間は小粋なカフェなどが軒を連ねて、若い女性好みの雑貨店などもありますが、夜になるとその様相は一変します。

赤い風車はネオンに照らされ、どこか妖しく輝いています。このあたりにいけば、どう見ても一般女性が着ているような服とは違うような、いかにもそういったお仕事をされている女性が仕事待ちをしています。夜だけでなく、こういった女性は昼間も立っていますが、やはり仕事のピークは夜です。

日本では大当たりでした!

いつかは体験したいと思っていた風俗なのですが、先輩から良いお店が三重にあると紹介されて、ついに初めて利用してみることにしました。選んだのはそんなに大きくないお店なのですが、電話で予約した時の対応が凄く丁寧だったのが意外でした。

正直、こういうお店はあんまり対応が良くないものだと思っていましたので。風俗の利用自体が初めてだと言うと、いろいろシステムなんかも説明してくれましたし、イチオシの女の子に行かせると言ってくれました。

三重の風俗情報サイトは!三重ムーブ